2010年01月19日

<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)

 民主、社民、国民新の与党3党は17日夜、東京都内のホテルで国対委員長会談を開き、18日召集の通常国会の対応を協議した。会談では09年度第2次補正予算案の月内成立に野党側が応じることを条件に、党首討論の開催を呼びかける方針を確認。民主党の山岡賢次国対委員長が18日、自民党の川崎二郎国対委員長らに打診する。

 3国対委員長は、自民党が要求している小沢氏らの参考人招致についても「立法府の場で取り扱うことはしない」として、応じないことを申し合わせた。【近藤大介】

【関連ニュース】
政府・民主党:通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢
民主党:通常国会18日召集を自民に通知
資金移動:小沢氏側に新生、自由党解党時残金22億円余
公務員改革:天下り監視に新組織…人材センター廃止
鳩山政権:17日にも組閣 自民と協議

沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に−政府(時事通信)
<陸山会土地購入>地検捜査巡りシンポ(毎日新聞)
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携−阪神大震災経験教訓に(時事通信)
小沢氏側に23億円移動=新生、自由党解散時に−多額の公金流入(時事通信)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
posted by u7vx0fw9xf at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。