2010年01月12日

「紙袋で4億」石川議員供述、小沢氏に聴取要請(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地を巡る問題で、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)が土地代金として小沢氏から受け取ったとされる現金4億円について、東京地検特捜部の事情聴取に、「小沢先生のいるマンションに呼ばれ、先生から現金4億円の入った紙袋を手渡された」と供述していることが、関係者の話でわかった。

 特捜部は、小沢氏から4億円の調達方法などについて説明を求める必要があると判断、参考人として事情聴取に応じるよう要請した。

 陸山会は04年10月29日、東京都世田谷区深沢の土地を約3億4000万円で購入。原資には、簿外の現金4億円が充てられたが、同会の04年分の政治資金収支報告書にはこの4億円の収入が記載されていない。

 関係者によると、土地取引を担当していた石川議員は、特捜部の事情聴取に「当時の陸山会には土地を購入する資金がなく、小沢先生に相談し、4億円を受け取った」と供述。さらにこの4億円について、「(04年)10月上旬に小沢先生に港区元赤坂のマンションに来るように言われ、先生から現金4億円の入った複数の紙袋を手渡された」などと説明したという。

 このマンションは同会が1994年に購入し、小沢氏が事務所として使用している。石川議員はその後、現金を港区赤坂の別の事務所に運び、金庫に保管していたという。

 石川議員は同月中旬以降、4億円を小分けして同会の複数の口座に入金。その後、同会の一つの口座に集め、土地代金に充てていた。

 一方、関係者によると、陸山会は07年5月頃に4億円を支出し、石川議員の後任の事務担当者だった元私設秘書が小沢氏に渡していたこともわかった。この4億円の支出も同会の07年分の収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反(不記載)の疑いがある。

 また、収支報告書によると、07年の収入総額は約1億8000万円で4億円には足りないため、他の関連政治団体から資金を集めるなどして、捻出(ねんしゅつ)したとみられる。

阿吽の呼吸
食い倒れ二郎
クレジットカードのショッピング枠を現金化
自己破産
クレジットカード現金化
posted by u7vx0fw9xf at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。